Koto Toyosu Childcare & Lactation Organization Showa University Koto Toyosu Hospital 9th floor, 

Dr.'s room, 5-1-38 Toyosu, Koto-ku, Tokyo, 135-8577 Japan

© 2015 by KOTOCLO (Koto Toyosu Childcare & Lactation Organization. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Blogger Social Icon
FAX:03-6204-6998 
E-mail:
お問合せフォームにてよろしくお願いします。
81-3-6204-6998 (from abroad)

【著作権に関するご注意】

本ウェブサイト上の全コンテンツの著作権、及びホームページとしての編集著作権は、原則として当団体「子育て&母乳育児を支援する会」(以下、KOTOCLOという)に帰属します。

なお、本ウェブサイトのコンテンツを著作権法上で認められた「私的使用」や「引用」等の範囲を超えて使用する場合、当団体の使用許諾が必要(メールにてお問い合わせください)となりますのでご注意ください。従って、本ウェブサイトを通じて入手された内容を無断で複製、翻訳、放送、出版、販売、貸与等すること はできません。どうぞご了承ください。

〒135-8577  東京都江東区豊洲 5-1-38

昭和大学江東豊洲病院 9階総合医局内   NPO法人KOTOCLO

 

 

    【母乳と育児の相談室

赤ちゃんが今生後3ヵ月です。最近母乳を飲む量が減ったように思えますが、大丈夫でしょうか。

3ヵ月というのは、赤ちゃんにとって、色々な感覚の変化を経験する時期です。お母さんも気疲れをされている時期だとは思いますが、赤ちゃんはあやすと笑い、様々なことに興味を持ってくる時期ですね。それまでの本能的におっぱいを吸う時期から、周りを見ながら、おっぱいを吸うようになります。気が散るものが近くにあれば、ある程度飲んだらやめてしまうこともあるかもしれません。もし、吸っている時間が短くなったために飲む量が減ったと思われているのであれば、赤ちゃんの吸い方が上手になったために、その前よりも短時間で飲めているのかもしれません。

 そして、赤ちゃんの状態を小児科医にチェックしてもらうことも大事です。丁度3-4ヵ月の健診がある頃だと思いますのでよく見てもらいましょう。お母さんの生活に何か変わりはありませんか?食べるものが変わるとおっぱいの匂いや味も変わりますし、香水の匂いを変えることでも赤ちゃんは「これは変だな」と思います。3-4ヵ月健診で問題なければ、一時的なことと考え、いつもどおりに授乳していればよいと思いますよ。