Koto Toyosu Childcare & Lactation Organization Showa University Koto Toyosu Hospital 9th floor, 

Dr.'s room, 5-1-38 Toyosu, Koto-ku, Tokyo, 135-8577 Japan

© 2015 by KOTOCLO (Koto Toyosu Childcare & Lactation Organization. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Blogger Social Icon
FAX:03-6204-6998 
E-mail:
お問合せフォームにてよろしくお願いします。
81-3-6204-6998 (from abroad)

【著作権に関するご注意】

本ウェブサイト上の全コンテンツの著作権、及びホームページとしての編集著作権は、原則として当団体「子育て&母乳育児を支援する会」(以下、KOTOCLOという)に帰属します。

なお、本ウェブサイトのコンテンツを著作権法上で認められた「私的使用」や「引用」等の範囲を超えて使用する場合、当団体の使用許諾が必要(メールにてお問い合わせください)となりますのでご注意ください。従って、本ウェブサイトを通じて入手された内容を無断で複製、翻訳、放送、出版、販売、貸与等すること はできません。どうぞご了承ください。

〒135-8577  東京都江東区豊洲 5-1-38

昭和大学江東豊洲病院 9階総合医局内   NPO法人KOTOCLO

 

 

    【母乳と育児の相談室

断乳はいつ頃からするべきなのでしょうか。我が子は1歳2ヶ月で母乳をよく飲んでいます。

​ミルクを飲む量が減ってきたので心配されているのですね。1歳、おっぱいを良く飲んでいるとのことでとても素晴らしいことと存じます。WHO(世界保健機関)はつぎのように述べています。「乳児は生後6ヵ月間は完全に母乳だけで育てられるべきです。その後、母乳育児を2歳がそれ以上まで続けながら、乳児の栄養の要求が発達してくるのに合わせて、安全で適切な栄養を含んだ補完食を与えるべきです。」

 職場復帰をされてからでも仕事に行く前、帰った後に母乳をあげることはお母さんとお子さんにとっての貴重な時間になります。授乳のための時間を設けている会社もあります。お子さんへの精神面への影響に関しては可能な限りおっぱいを続けていかれたらいいと思います。

 長期に母乳育児をすることで絆は深まり、お子さんはお母さんの姿が見えなくてもいつも自分を守ってくれているという確信をもてるようになるのです。どうしても授乳することが出来なくなってしまった場合も数日に1回ずつ授乳を減らすようにしましょう。このとき授乳の代わりとなる喜び、楽しみを与えてあげるとよいでしょう。また、お母さんにとっても一気に授乳をやめることは精神的にもよくありません。